What's New

ここには全ページに

共通の項目が表示されます。

 

<利用例>

What's New!

 

<利用例>

お問合わせはこちらから

武田邦彦教授 プロフィール

武田先生を知るには、やはりブログ!

ということで、こちらを読まれると先生のことが色々とわかります。

http://takedanet.com/

 

以下プロフィールも先生のサイトから頂きました。

 

  • 主たる活動

    中部大学 教授  (所属: 総合工学研究所)
  • 高知工科大学客員教授,多摩美術大学非常勤講師、
    上智大学非常勤講師
  • 日本ラッド・取締役(非常勤)
    内閣府原子力委員会専門委員、文部科学省科学技術審議会専門委員
  • 名古屋市経営アドバイザー、名古屋ウェストライオンズクラブ会員
  • 日本工学教育協会特別教育士、シニアー創造学院客員教授、 青森県鰺ヶ沢町顧問、うるま市アドバイザー,(株)ユーテック顧問、富山環境顧問
    旭化成工業株式会社・社友、 芝浦工業大学・名誉賛助員 名古屋大学高等研究院・院友
  • 第一種放射線取扱主任者

プロフィール

 昭和18年(1943)6月3日、東京都生まれ。昭和37年(1962)都立西高等学校卒業・昭和41年(1966)東京大学教養学部基礎科学科卒業。同年(1966)旭化成工業(株)に入社、(1986)同社ウラン濃縮研究所長、平成5年(1993)より芝浦工業大学工学部教授を経て、平成14年(2002)より名古屋大学大学院教授,平成19年より現職. 

  • 工学博士、専攻は資源材料工学。東京大学、京都大学、東北大学、横浜国立大学、早稲田大学、立教大学、愛知大学などの非常勤講師、文部科学省中央教育審議会専門委員、工学アカデミー理事、芝浦工業大学評議員、学長事務代理、大学改革本部長代理、教務委員長、NEDO技術委員,日本工学教育協会常任理事、JABEE工学一般審査委員長、非営利法人「おもしろ科学たんけん工房」「テクノ未来塾」理事などを経験。

     物理化学的手法を用いた原子力、材料、環境などの研究と、倫理などの研究。専門は資源材料工学

     主な受賞:日本工学教育協会工学教育賞(倫理)、日本原子力学会平和利用特賞、日本エネルギー学会賞、日本工学教育協会論文・論説賞(創成科目)、マテリアルライフ学会論文賞、資源素材学会発表論文賞, World Materials Day Awardなど。

     著書(共著を含む):「子供を放射能汚染から守り抜く方法」(主婦と生活、2011)、「放射能と生きる」(幻冬舎、2011)、「原発事故、放射能、ケンカ対談」(幻冬舎、副島さんとの対談,2011)、「エネルギーと原発のウソをすべて話そう」(産経新聞出版、2011)、「生物多様性のウソ」(小学館、2011)、「原発大崩壊」(ベストセラーズ、2011)、「原発事故残留汚染の危険性」(朝日新聞出版、2011)、「ニッポン再建論」(共著、廣済堂新書、2011)、「君が地球を守る必要はありません」(河出書房、2010)、「温暖化謀略論ー米中同時没落と日本の繁栄」(ビジネス社,2010)、「誰も知らない「危ない日本」7つの問題」(大和書房、2010)、「ウソだらけ、間違いだらけの環境問題」(新講社、2010)、「「CO2 25%削減」で日本人の年収は半減する」(産経新聞出版、2010)、「偽善エネルギー」(幻冬舎、2009)、「温暖化論のホンネー「脅威論」と「懐疑論」を超えて」(科学評論社、2009)、「科学者が読み解く環境問題」(シーエムシー、2009)、「武田邦彦エッセンス」(中部大学、アリーナ、2009)、「その「エコ常識」が環境を破壊する」(青春出版、2009)、「大麻ヒステリー」(光文社、2009)、「作られた環境問題」(ワック出版,日下公人さんとの共著,2009),「日本一早い平成史」(ゴマブックス,共著,2009),「家庭で行う正しいエコ生活」(講談社,2009),「電子/電気製品の発火・不良原因の究明技術と安全対策」(技術情報協会,分担執筆,2009),「暴走する「偽」環境ビジネス」(KKベストセラーズ, 2009),「武田邦彦はウソをついているのか?」(PHP,杉本裕明さんとの共編,2009),「「地球温暖化」論で日本人が殺される!」(講談社,丸山茂徳先生との共著),「欧州化学物質規制ハンドブック」(エスティーエヌ,分担執筆,2008),「27人のすごい議論」(文春新書,639,共著,文藝春秋社,2008),「日本の論点」(文藝春秋,分担,2008), 「食糧がなくなる!本当に危ない環境問題」(朝日新聞出版,2008)、「環境問題はなぜウソがまかり通るのか3」(洋泉社, 2008),「間違いだらけのエコ生活」(主婦と生活,2008)、「偽善エコロジー」(幻冬舎,2008)、「バイオ燃料で、パンが消える」(PHP、2008)、「高等学校国語現代文」(第一学習社,2004,"愛用品の五原則"が収録される),「高分子材料の劣化解析と信頼設計」(NTS,2007)、「自然に学ぶ材料プロセッシング」(三共出版2007 共著)、「暴走する地球温暖化論」(文藝春秋2007,共著)、「環境問題はなぜウソがまかり通るのか2」(洋泉社2007)、「国債は買ってはいけない(東洋経済新社2007)」,「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」(洋泉社2007)、「何を食べれば安心か」(青春出版2004)、「難燃材料データブック」(NEDO,2003),「難燃高分子材料の高性能化技術」(テクノネット2003),「二つの環境」(大日本図書2002)、「エコロジー幻想」(青春出版2001)、「リサイクル幻想」(文春新書2000)、「リサイクル汚染列島」(青春出版2000)、「リサイクルしてはいけない」(青春出版2000)、「有機材料工学」(シグマ出版)、「日本における同位体分離のあゆみ」(日本原子力学会,分担執筆,1998),「分離のしくみ」(共立出版,1988)、「高純度化技術体系」(フジテクノシステム,分担執筆,1997),”New Developments in Ion Exchange", (Elsevier, 1991).「分離科学ハンドブック」(共立出版,1990)、「イオン交換」(講談社)、「日本の将来と産学連携」(丸善)、など.
  • 学術論文・総説など約800編、学術発表約1400件、特許など約100件。

    趣味:歴史、熱力学,おいしくない食事をすること
  • 連絡先
    Kunihiko Takeda, Dr. Prof., Chubu University
    E-mail: tak@leaf.ocn.ne.jp